2007-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲尾さんありがとう

偉大な能力・実績の持ち主でありながら
少しも驕らず・飾らず・気さくで謙虚な方でした。
徳のある人間とは、稲尾さんのような方なんだと
最初に私が認識した人物でもあります。

安らかにお眠りください。合掌。
スポンサーサイト

2つの明暗が分かれたインクカートリッジ訴訟

つい最近、インクカートリッジ訴訟の判決が2つ出た。

時事ドットコム:リサイクル販売差し止め確定=インクカートリッジ訴訟-最高裁

>プリンター用の使用済みインクカートリッジに
>インクを入れ直したリサイクル品によって特許権を侵害されたとして、
>キヤノン(東京)がリサイクル品を輸入販売する
>「リサイクル・アシスト」(同)に販売の差し止めなどを求めた
>訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(横尾和子裁判長)は8日、
>特許権侵害に当たるとして、リ社の上告を棄却した。
>二審知財高裁が命じた販売差し止めと在庫品廃棄が確定した。


asahi.com:インクカートリッジ特許 エプソンが敗訴 最高裁

>プリンターのインクカートリッジに関する特許を侵害されたとして、
>セイコーエプソンがリサイクル品を販売するエコリカ(大阪市)を
>相手に販売差し止めなどを求めた訴訟で、最高裁第二小法廷
>(中川了滋裁判長)は9日、エプソンの上告を退ける決定をした。
>エプソン側が主張の根拠とした特許権自体を「無効」と判断した
>一、二審判決の結論を支持。エプソン側の敗訴が確定した。


ご存知のように、プリンタメーカーのビジネスは、プリンタ単体を安く売って
インクカートリッジなどの消耗品で、利益を上げる収益構造になっている。
このため、しばしばインクを買うよりも、家電量販店などでは
特売のインク付プリンタを買ったほうが安くなったりする現象もおこる。

このインクカートリッジは、純正品は結構な値段がするのだが
カートリッジを再利用した製品は、純正品よりも2~3割ほど安く
消費者にとっては、割安感もあって、こちらを買う人も多い。

しかしながら、プリンタメーカーにとっては、これは由々しき問題だろう。
多額の資金と時間を投資して、開発したプリンタの採算が取り難くなる。

ところで、どうしてキヤノンは勝訴し、エプソンは敗訴したのか。
asahi.comは、そのあたりをわかりやすく解説している。

>インクカートリッジのリサイクル品をめぐっては、
>キヤノンが起こした訴訟で第一小法廷が8日、
>リサイクル品業者側の敗訴とする判決を言い渡している。
>この訴訟ではリサイクル品が純正品の特許権を
>侵害したかどうかが争点となったが、
>今回のエプソンの訴訟では特許権自体が無効とされたため、
>「特許を侵害したか」という論点に至らずにエプソンの請求が退けられた。


要するにプリンタメーカーは、「カートリッジの構造は特許の対象であり
リサイクル品は、その特許を侵害しているので、販売を差し止めろ。」
という主張で、キヤノンはその特許が認められ、エプソンは認められなかった。
そのエプソンの主張する特許とは、下記のもの。

>エプソンが「特許を持つ」と主張していたのは、
>インク漏れを防ぐシール材やフィルムの構造に関するもの。
>一、二審判決とも、エプソンが00年に出願する前に
>刊行物で公にされていたことから、新規性がなく特許は無効と判断していた。


Tech-On!の2007年3月12日の記事によると、国内プリンタのシェアは

2006年度 1位:キヤノン(38.8%) 2位:エプソン(37.2%)
2005年度 1位:エプソン (38.6%) 2位:キヤノン(38.2%)


と、キヤノンとエプソンはしのぎを削っている。

まぁ、ライバル企業が敗訴して、経団連トップが会長を務める企業が勝訴する。
何やらきな臭い感じを受けるのは、安易な陰謀論だろうなぁ、きっと。

ちなみに、asahi.comの記事中に

>エプソンは、IC(集積回路)チップが付いたカートリッジを開発。
>インクの残量がゼロに近づくとプリンター本体が「インク切れ」と認識して
>作動しなくなる仕組みにして、インクを再注入したリサイクル品を使えなくしている。
>一方で、このICチップの内容の読み取りを試みているリサイクル業者もある。


とあるが、このインクがあるのに「インク切れ」と認識する機能は
私の周りのパソコン関連に詳しい人たちの間で、すこぶる評判が悪い。

我が家流 土鍋炊飯手順

我が家では、米は土鍋で炊く。炊飯器は使ったことがない。
昔は、炊飯器とはピッコロ大魔王を封印する器具と思っていた。

土鍋の代わりを炊飯器が担うことができるならば
炊飯器は、米を炊く以外の調理器具として活用できるだろう。

産経新聞:“炊飯器”で手軽に料理名人 肉じゃが、ケーキやカステラまで

上記の記事を見て、ふと「土鍋で炊飯する人は多いのだろうか。」と思ってみた。
そこでGoogleで検索をかけると…。

土鍋 炊飯 の検索結果 約 346,000 件
土鍋 ご飯 の検索結果 約 608,000 件

意外に多く検索に引っかかる。
ちょっと気になるのは、1件目に表示されている。
お米を鍋で炊くコツ 土鍋で炊くご飯 - [料理のABC]All Aboutだ。

このレシピだと、調理時間が長い上に、焦げすぎるリスクが高い気がする。
おこげがあまり好きでない方に、我が家の炊飯手順を公開してみよう。
なお、下記は3~4合炊く場合の手順。

1.土鍋に研いだ米と水を浸す。(夏場は45分くらい。冬場は1時間程度は浸す。)
2.強火にかける。
3.フタがぶくぶく吹き出したら、弱火にして7分間熱する。フタは絶対取らない。
4.7分経過したら、火を止めて、最低10分は蒸らす。フタは絶対取らない。

以上。
水の分量は、もはや目分量なので、具体的に何ccかは把握していない。
新米を使う場合は、水量は控えめに。
無洗米の場合は、やや水を多めに入れたほうが良いだろう。

2007年度のホークス被盗塁率を考える

今季のソフトバンクホークスを振り返ると
チーム盗塁阻止率が、12球団最低の.188と2割を下回った。
そこで、ホークスは、オリックスから強肩の的山選手を獲得した。

ただ、個人的考えを言うと、盗塁阻止の成否の6割くらいは
投手の力、あとの3割強が捕手、残りの1割弱くらいが遊撃手などの
タッチする内野手の力量によるものと思っている。

盗塁されると、責められるのは捕手ばかりだが
どんなに強肩の捕手といえども、投手の協力なしには
盗塁を阻止することは不可能に近いだろう。

そこで、今季の投手別盗塁データを探ってみた。
主なデータは下記の通り。

主な投手の被盗塁率


まず驚くのは、ニコースキーの数字。
盗塁企画数10に対して、阻止数は0。
つまり盗塁を試みると、走者は100%成功している。
34イニング投げて、被盗塁10は驚異的。
9イニング(1試合)換算で、2.65個の盗塁を許す計算だ。
(この数字を、防御率ならぬ被盗塁率と名付けてみる。)
左の中継ぎで、この数字だと苦しい。
篠原(0.34個)と三瀬(0個)は、かなり優秀な数字だ。

他の中継ぎ投手でも、右の柳瀬(0.88個)や藤岡(1.44個)は
悪い数字と言わざるを得ないだろう。
ちなみに、巨人に移籍の吉武は、19イニング投げて、盗塁企画は0。

ホークスは、ロッテの藤田(0.57個)の獲得を画策しているようだが
このデータを見る限り、被盗塁に関しては、もはやフリーパス状態の
ニコースキーよりも期待大だ。ニコースキーに来季があるかは不明だが。

他チームに目を向けると、西武が素晴らしい。
先発陣の健闘が光るが、特に涌井(0.21個)は200イニング以上投げながら
盗塁企画数は8個しかなく、そのうち3個は盗塁阻止(.375)になっている。
涌井は、5試合に1個しか盗塁成功が望めない投手となる。
沢村賞投手のダルビッシュ(0.39個)も素晴らしい数字。
そして、何よりもロッテの成瀬(0.1個)が驚異的な数字だ。
成瀬の場合、10試合に1個しか、盗塁成功が見込めない計算になる。

よく「好投手からは、多くの打点は望めないので
脚をからめた攻撃で揺さぶらないといけない。」と言われるが
脚をからめた攻撃でも、これらの投手は、攻略が難しそうだ。
(もっとも脚をからめた攻撃とは、盗塁だけに限らないけれど)

多分、捕手よりも、被盗塁率の数字が悪い投手の改善を試みたほうが
チームの盗塁阻止率は向上するのではないだろうか。

福岡タワーに無料で登る方法

福岡タワーの通常の展望料金は大人800円。
この展望料金を無料にする方法。

自分の誕生日(誕生日と証明できるモノが必要)に
下記のYahoo!クーポンを印刷して、持って行く。

Yahoo!クーポン:福岡タワー

誕生日前後3日までOKらしい。
誕生日でなくとも、上記クーポンで展望料は20%OFF。

でも実は、クーポンなくとも誕生日(前後3日以内)は、無料展望できる。

+ バースディ インビテーション + FUKUOKA TOWER

ぜんぜん関係ないけど、福岡タワーには
5000円でハートの電飾を点灯できる粋なプランがある。

+ 福岡タワーLOVEイルミネーションで愛の告白!! + FUKUOKA TOWER

受付は、半年前から必要なので要注意。
ちなみに「ハート」と「天の川」同時電飾は10000円。

定期イベント時期以外で、福岡タワーにイルミネーションが現れたら
きっと近くに、それを見ているカップルがいるのだろう。

民主 小沢代表辞任

かまびすしい展開に。
小沢代表は、本気で民主党は連立でまとまると考えたのだろうか。
まとまらない場合の出方は、どのように想定しているのだろう。

セブン銀行ATMの利用手数料無料の銀行一覧

どうやら2007年12月より、イーバンク銀行のATM利用手数料が変わるらしい。

イーバンク銀行:ATM利用手数料変更のお知らせ

セブン銀行ATMを例に挙げると、12月以降、通常のキャッシュカード利用者は
月間1回までしか、入出金の手数料が無料にならない。
それ以降は、1件210円の手数料がかかる。

つまり、口座に1000円しか入ってない場合

1回目:1000円出金 残高:0円(手数料かからず)
2回目:2000円入金 残高:1790円(手数料210円引かれる)
3回目:1000円出金 残高:580円(手数料210円引かれる)

そもそも、客から入出金の依頼がある場合
銀行員が入出金の手続きなり、処理をしなければならない。
その作業を、こちら側が負担しているので、その分の手間賃が欲しいくらいだ。

まぁ、百歩譲って、出金に手数料がかかるのは理解できる。
しかしながら、入金も有料って、銀行側にメリットは大きいのか?

しかも、改定アナウンスのタイミングも遅い。
社内でも、緊急に決定された事項なのか勘ぐりたくなる。
確かイーバンクって、最近の四半期決算で黒字だったはずなんだが…

ソース元:NIKKEI NET
ネット専業3行増益・黒字化、セブン銀は11%減益・4―6月

>2000―01年に新規参入した4銀行の07年4―6月期の業績が9日、出そろった。
>イーバンク銀行などインターネット専業3銀行は資金運用収益や
>決済手数料収入が好調だったことで、そろって増益や最終黒字に転換した。

>前年同期は赤字だったイーバンク銀とジャパンネット銀行は
>それぞれ最終黒字に転換した。イーバンク銀の最終損益は
>15億8800万円の黒字(前年同期は8億4100万円の赤字)。
>決済手数料収入が増えたことに加え、ヘッジファンドへの投資など資金運用収益が好調だった。

ヘッジファンドへの投資とあるけれど、この記事発表時は8月10日だし
四半期決算も4月~6月期のもの。
まだサブプライムローン問題が表立って問題視されていない時期だ。
何か7月~9月期の四半期決算が気になるな…。

ちなみにセブン銀行ATMの入手金利用料が24時間無料なのは
(※以下のデータは全て、2007年11月3日時点のもの)

新生銀行
住信SBIネット銀行
ソニー銀行(やや制限時間あり)
WOORI BANK(← 韓国系の銀行)

の4行が挙げられる。

個人的に「がんばってるな」と思う銀行は以下の通り

福井銀行(8時~21時まで無料 土日も)
北越銀行(7時~23時まで無料 土日は21時まで)

北越銀行は、新潟県の長岡市に本店を置く地方銀だそうで
同じく長岡市に本店を置く、大光銀行の場合も、割と無料利用できる期間は長い。

大光銀行

恐るべし新潟県長岡市。
JCRの格付事由を見ても、前述の3行は、なかなか堅実そうな印象を受ける。

大光銀行:A 安定的
北越銀行:A 安定的
福井銀行:A 安定的

もし、イーバンクに格付けがあったとしたら、どういう評価だろうか。

マクドナルドのトルティーヤ

先週のこと。
マクドナルドで食事をしていると

「これ、来週から発売する新商品です。」

と、1/3ほどの大きさにカットされた商品が配られた。
見てみるとトルティーヤ。
私は、この食べ物が好きである。

トルティーヤ (メキシコ) - Wikipedia

何でも「マックラップ」という新商品らしい。
今日から販売しているので、トルティーヤ好きな人は
味を確かめてみるのは、いかがだろうか。

Smile PLUS あなたのおなかとキモチを満たすクーポン

2007年 日本シリーズ最終戦

すごい試合でした。
山井の完全試合を見たかったけれども
落合監督の脳裏には、ほんの数パーセント
相手チームへの配慮があったのかもしれない。

多分、他の監督なら、本人が降板を申し出ても続投させる。
それがリスクの少ない無難な選択肢だから。

それにしても、最後を締めた岩瀬のプレッシャーは
凡人には、はかりしれないと思いますが、鉄人ですね。

このシリーズを見て思ったのは、日本ハムの選手は
間違いなく、今以上に強くなるだろうと感じたこと。
ホークスファンとしては、なかなか複雑な心境…。

«  | HOME |  »

プロフィール

m

Author:m
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。